武蔵野音楽大学同窓会群馬支部会則

 ※後援申請等の用紙はダウンロードのページをご覧下さい。

武蔵野音楽大学同窓会群馬県支部会則

第1章 総則
第1条 この支部は武蔵野音楽大学同窓会群馬県支部という。
第2条 この支部は会員の親睦を厚くし、同窓会本部及び母校との関係を緊密にして、音楽を振興することを目的とする。
第3条 この支部の事務局は事務局長宅に置く。

第2章 事業
第4条 この支部はその目的を達成するために、下記の事業を行う。
1、新人演奏会の開催
2、会員の研究発表及び研修会の開催
3、懇親会(反省会・親睦会)の開催
4、会員名簿の作成
5、母校事業の後援
6、その他
第5条 本会の事業は地区委員会の決議によって行う。

第3章 会員
第6条 この支部の会員は武蔵野音楽学校・武蔵野音楽大学・同短期大学の卒業生及び大学院・専攻科・別科の修了者で原則として本県に在住するものとし、本会の趣旨に賛同する者とする。
第7条 会員は転居、改姓、その他変更のあった場合は、速やかに事務局に連絡する。

第4章 役員
第8条 この支部に次の役員を置く。
支部長1名   副支部長2名  ブロック代表4名(地区委員より選出)  地区委員 各地区若干名  事務局長1名  事務局次長 若干名  事務局員6名
監査2名  顧問(必要に応じてこれを置くことができる。)
第9条 役員の任務は次のとおりとする。
1、支部長は支部を代表し、会務を統轄する。
2、副支部長は支部長を補佐し、支部長に支障あるときはこれに代わる。
3、ブロック代表はブロック内の地区を代表し、ブロック内の会務を統括すると共に、事務局長の仕事を分担運営する。
4、地区委員は各地区を代表し、各事業の企画及び運営に当たる。
5、事務局長は事務局員を統轄し、支部長、副支部長と本会の運営についての企画・立案を行う。
6、事務局員は書記、会計、広報を担当する。
7、監査は本会の会計監査を行う。
8、顧問は必要なときに諮問を受ける。
第10条 役員の選出方法は次のとおりとする。
1、支部長・副支部長は地区委員会で投票により選出し、総会で承認を得るものとする。
2、ブロック代表はブロック内地区委員の互選により選出する。
3、地区委員は各地区において若干名選出し、総会で承認を得るものとする。
4、事務局長及び事務局員は地区委員会で選出し、総会で承認を得るものとする。
5、監査は地区委員会で委嘱し、総会で承認を得るものとする。
6、顧問は地区委員会で推薦し、総会で承認を得るものとする。
第11条 役員の任期は4年とし、最長でも2期、8年とする。

第5章 地区
第12条 この支部には次の4ブロックを置く。また、各ブロックは複数の地区で編成する。
  中部北毛ブロック(前橋地区 渋川地区 沼田地区 吾妻地区)
  西毛ブロック  (高崎地区 藤岡地区 富岡地区 安中地区)
  東毛ブロック  (太田地区 館林地区)
  中東毛ブロック (桐生地区 みどり地区 伊勢崎地区)

第6章 会計
第13条 この支部の会費は年額1,000円とし、各地区委員に届ける。
第14条 この支部の経費は、下記のものをもってこれに充てる。
1、会員の会費   2、前年度の繰越金    3、支部の事業の収益金
4、寄付金     5、その他の収入
第15条 この支部の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第7章 会議
第16条 この支部はその目的を達成するために、次の会議を開く。
1、総会  2、地区委員会  3、本部役員会  4、その他の会議
会議の議事は全て出席者の過半数を以って決し、可否同数の場合は議長の決するところとする。
第17条 総会は年1回支部長がこれを招集し、その議長は出席者の互選によって決める。
会議の議事は全て出席者の過半数を以って決し、可否同数の場合は議長の決するところとする。
第18条 総会は毎年定期に開き、事業・収支決算・その他重要事項の報告及び承認を求め
新年度の事業案・予算案・その他必要事項を決議する。
第19条 地区委員会、本部役員会及び、その他の会議は必要に応じて支部長が招集する。
第20条 臨時総会は緊急の場合に開き、緊急問題に関し議決する。
第21条 後援規定及び慶弔規定はこれを別途定める。

第8章 附則
第22条 この支部の会則を変更する場合は、総会出席者の過半数の賛同を要する。
第23条 本会則は平成12年4月23日より施行する。
第24条 本会則は平成19年4月22日に一部改正する。
第25条 本会則は平成20年4月13日に一部改正する。
第26条 本会則は平成21年4月19日に一部改正する。
 
 
後援規定 


(趣旨)
第1条 会則第21条に基づき、ここに武蔵野音楽大学同窓会群馬県支部が行う後援に関する規定を定め、平成12年から適用する。
(用語の定義)
第2条 後援とは、行事の趣旨に賛同し、その開催を援助することをいう。
(承認の基準)
第3条 後援は主催者から行事の後援申請があったとき、次の基準により審査の上、これを承認する。
1、主催者についての基準
主催者は武蔵野音楽大学を卒業または終了したもので、原則として群馬県に在住するか、勤務する者ないし団体であること。
2、事業内容についての承認基準
申請の行事が本会の趣旨に適う内容であり、公益性のある事業であること。ただし、宗教活動・政治活動または極端な営利を目的とするものと認められるものは除く。
3、その他の審査基準
(1)主催者またはその関係者が群馬県支部会員であり、日頃本会の活動に貢献していると判断されること。
(2)主催者及び関係者が、演奏面及び運営に関して信用し得る者であること。
(3)開催・開設の場所は、公衆衛生・災害防止について十分な措置が講ぜられていること。
(4)主催者が入場券等の経費を徴収する場合は、行事の実施上やむを得ない場合であって、参加者等に過重な負担とならないものであること。

(申請)
第4条 申請者は事務局へ請求し、行事開催の3ヵ月前までに事務局へ提出しなければならない。(様式1)
第5条 申請者は必要事項を記入した上で、所属する地区委員のほか、会員2名以上の推薦を受けなければならない。

(許可)
第6条 申請書が提出された後、本部役員会において後援名義使用許可(以下許可)の審議を行う。
第7条 許可がなされた場合は、事務局はお祝いとして花代を贈り、使用許可とする。
第8条 内容の変更があった場合、その変更事項を直ちに届けなければならない。

(事後の手続き)
第9条 事業終了後、直ちに報告書を提出しなければならない。(様式2)
 
 
慶弔規定
 
(趣旨)
第1条 会則第21条に基づき、ここに武蔵野音楽大学同窓会群馬県支部会員に関する慶弔規定を定め、平成12年から適用する。

(慶事)
第2条 武蔵野音楽大学群馬県支部会員(以下支部会員という)及び支部の慶事については次の基準に従う。
(1)支部会員の慶事については原則として行わない。
(2)支部会員及び支部が、県・国等のレベルの顕彰等を受けた場合は別途本部役員会あるいは地区委員会で、その対応を審議する。

(弔意)
第3条 支部会員に対する弔意については、次の基準に従う。
(1)支部活動に対して貢献のあった者が死亡した場合は、次にあげる事項をもって弔意を表す。
ア、花輪及び弔電
イ、弔電
第4条 弔意基準に当たっては、本部役員が協議の上確定するものとする。

 

 

 

 

武蔵野音楽大学
 メールマガジンの
 登録は
こちら

 

 

アクセスカウンター

 

 

会員の皆様へ
当HPへの掲載情報を大募集中です。会員さんが関係する演奏会情報等ありましたら、HP担当までぜひご一報下さい。(上の「お問い合わせ」または会員名簿から直接ご連絡下さい。)

お待ちしております!